2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone 15 Pro Maxの最新画像〜各種外寸、15にも感圧式ボタン搭載か

    iPhone15 Pro Max SAP_1

    iPhone15 Pro Max SAP_1
     
    予想的中率が高いリーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)が、iPhone 15 Pro Maxの最新画像(CADデータ)とともに、リアカメラ部を含む外寸や、感圧式に変更される各種ボタンの機能についての情報をTwitterに投稿しました。
     
    同氏は他にも新情報として、iPhone15とiPhone15 Plusにも感圧式ボタンが搭載されると伝えています。
     
    iPhone Maniaでは、iPhone15シリーズおよびiPhone15 Proシリーズに関する最新の噂や予想を下記記事にまとめ、随時更新しています。
     
    iPhone15/15 Proはいつ発表?新機能やスペックなど噂まとめ

    リアカメラ部の詳細寸法などの新情報

    同氏が今回投稿したiPhone 15 Pro Maxの画像は、ケースメーカーに出回っているもののようです。
     
    iPhone15 Pro Max SAP_2
     
    ShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)は、iPhone 15 Pro Maxの外寸やリアカメラ部の各種寸法が判明したと述べています。
     

    • 本体の厚さ:8.25ミリ
    • リアカメラ部の厚さ(背面パネルからレンズ先端まで):3.78ミリ
    • リアカメラリングの直径:16.2ミリ
    • リアカメラレンズの直径:13ミリ
    • リアLEDフラッシュの直径:6.7ミリ
    • マイク穴の直径:0.75ミリ
    • リアカメラ部の拡大率は5%以下
    • Dynamic Islandの大きさ:iPhone14 Pro Maxと同じ
    • ディスプレイベゼル幅:1.55ミリ
    • 受話スピーカーの大きさ:iPhone14 Pro Maxより薄くなる
    • 新しいミュートスイッチの幅:2.42ミリ
    • 新しいミュートスイッチの長さ:3.51ミリ(両端曲面部を除く)
    • 音量ボタンの幅:2.65ミリ
    • 音量ボタンの長さ:23.5ミリ(両端曲面部を除く)
    • 音量ボタンは、スワイプとプレス、操作方法により動作が変わる
    • 機種名はiPhone15 Pro Max、Ultraを採用するのは2024年から

     
    iPhone15 Pro Max SAP_4
     
    同氏の予想によれば、iPhone15 Pro Maxの本体は厚くなるも、リアカメラ部の厚さが薄くなることで、リアカメラ部を含めた全体の厚さはiPhone14 Pro Maxと同じとのことです。
     
    iPhone15 Pro Max SAP_3

    感圧式ボタンをiPhone15/15 Plusにも採用か

    ShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)は、iPhone15とiPhone15 Plusの音量ボタンもiPhone15 Proシリーズ同様、感圧式に変更されると予想しています。
     
    ただし、ミュートスイッチはiPhone14シリーズと変わらず、感圧式に変更される音量ボタンは音量を上げる/下げるが一体化したiPhone15 Proシリーズとは異なり、それぞれ分離したものとのことです(下記画像はiPhone15 Pro Maxのもの)。
     
    iPhone15 Pro Max SAP_5
     


     
     
    Source:ShrimpApplePro(@VNchocoTaco)/Twitter
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次