iPhone15 Pro、バッテリー切れでも感圧式ボタンは正常動作?懸念なくなる?

    iPhone15 Pro solid state buttons_2

    iPhone15 Pro solid state buttons_2
     
    MacRumorsが、物理ボタンからTaptic Engineによる感圧式ボタンに変更されるiPhone15 Proシリーズについて、バッテリー切れでも正常動作すると伝えました。

    バッテリー切れでの操作が不安視されていたが

    iPhone15 Proシリーズでは、サイドボタン、音量ボタン、ミュートスイッチが、物理ボタンからTaptic Engineによる感圧式ボタンに変更されると噂されています。
     
    その為、iPhone15 Proシリーズがバッテリー切れになった場合、これらのボタン類が反応しなくなり、再起動やDFUモードにすることができなくなると懸念されていました。

    ケースで覆われても問題ないと噂

    しかし、MacRumorsのForumに投稿された情報によれば、iPhone15 Proシリーズには新しい超低消費電力モードが導入されることで、(見かけ上は)バッテリー切れの状態でも感圧式ボタンの動作に対応する余力は確保しておくような仕組みが導入されるようです。
     
    リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)は、iPhone15 Proシリーズの感圧式ボタンは良くできているとし、ケースを装着しても反応すると述べていましたが、今回の予想とを合わせるとiPhone14 Proシリーズの物理ボタンと比較しても違和感なく動作するようです。
     
     
    Source:MacRumors
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次