iPadOS16.4にバグ?ユニバーサルコントロールとHandoffが使えない

    ユニバーサルコントロール

    ユニバーサルコントロール
     
    先日リリースされた、現時点での最新OSであるiPadOS16.4とmacOS Ventura 13.3にアップデートした多くのユーザーから、ユニバーサルコントロールとHandoff機能が使えなくなったとの苦情が出ています。

    ユニバーサルコントロールとは?

    ユニバーサルコントロールとは、Macのキーボードやトラックパッド、あるいはマウスを使って、近くにあるほかのMacやiPadを最大2台コントロールし、それらのデバイスを行き来しながらシームレスに作業できるという機能です。
     
    ひとつのトラックパッドやマウス、キーボードを使って、複数のデバイス間でカーソルの移動や入力ができ、デバイス間でのコンテンツのコピペなどもできるので非常に便利です。

    Handoffってどんな機能?

    Handoffは、たとえばiPhoneで書いていたメールを、途中からMacに切り替えて最後まで書き上げ、送信するといった作業の引き継ぎを可能にします。
     
    同じApple IDでiCloudにサインインしている、BluetoothとWi-Fiがオンになっている、各デバイスでHandoffがオンになっているなどの設定が必要ですが、Mac、iPad、iPhone、Apple Watchなどで使うことができます。
     
    先述したメールのほかにも、Safari、マップ、リマインダー、カレンダー、連絡先、Pages、Numbers、Keynote、FaceTimeなどの純正アプリに加え、数々の他社製アプリがHandoffに対応しています。

    サポートコミュニティに苦情が相次ぐ

    Appleのサポートコミュニティ(英語)には、iPadOS16.4macOS Ventura 13.3にアップデートしたら、ユニバーサルコントロールが使えなくなったという投稿が相次いでいます。
     
    また一部のユーザーは、Handoffも使えなくなったと報告しています。

    iOS16.4.1/iPadOS16.4.1がリリースとの噂

    iPadOS16.4、macOS Ventura 13.3と同時にリリースされたiOS16.4でも、天気アプリやWi-Fiパスワードの再入力問題が発生しているため、Appleは今週または来週中に、これらのバグを修正したiOS16.4.1/iPadOS16.4.1をリリースするとの噂が流れています。

     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次