2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    SkypeがようやくAppleシリコンMacにネイティブ対応に

    Skype Appleシリコン ネイティブ対応

    MacBook Skype
     
    Microsoftが提供するコミュニケーションアプリSkypeが、ようやくAppleシリコン搭載Macにネイティブ対応することが判明しました。

    製品発表から2年以上、ようやくネイティブ対応へ

    Appleは2020年の世界開発者会議(WWDC20)で自社開発のAppleシリコンを発表、Intelチップに代わりMacにはAppleシリコンを搭載すると発表しました。
     
    初のAppleシリコン搭載Macが2020年11月に登場してから2年以上が経過した現在、MicrosoftのSkypeがようやくAppleシリコン搭載Macにネイティブ対応するとのことです。
     
    Microsoftは現地時間2023年1月25日付けの公式Skypeブログにおいて、Apple M1 Mac向けにネイティブ対応したアップデート(Skype 8.94.76.302)をリリース、これまでの非ネイティブ対応バージョンよりも3倍高速になったことを明かしました。
     
    MicrosoftはAppleシリコンにネイティブ対応したことにより、速度が大幅に向上、安定性が増し、音質と動画がクリアになったと記しています。
     
    Skype Appleシリコン ネイティブ対応

    Skype最新版で修正されたバグ

    また2023年2月2日付けのSkypeInsiderReleaseNotes for Skype 8.94.76.302によると、最新版では以下のバグが修正されています。
     

    • ファイルを読み込んだり、開いたりするときの問題(例:iOSのPDFファイル)
    • Android、MSIX、iOSにおける一部のチャットで名前が隠れてしまう問題
    • EdgeブラウザでSkypeの通知がブロックされる問題
    • iOSでSkypeを終了しても通話画面が引き続き表示される問題
    • iOSでギャラリーを開いたりWebリンクへ切り替えたりするとアプリがクラッシュする問題

    WhatsAppはようやくベータ版がネイティブ対応

    現在ではユーザー数の多いメジャーなアプリのほとんどがAppleシリコンMacをネイティブサポートしていますが、Skypeのように対応が遅れたアプリもあります。
     
    例えば日本ではあまり知られていませんが、世界的には圧倒的なユーザー数を誇るメッセージングアプリWhatsAppは、2023年1月24日時点でまだAppleシリコン搭載Macに正式対応していません(ベータ版が対応)。
     
    またApple自身のアプリである音楽認識アプリShazamも、Appleシリコン搭載Macにネイティブ対応したのは2022年8月と、比較的遅かったと言えるでしょう。しかもこれは2年ぶりのアップデートでした。

     
     
    Source:Skype/Microsoft,Microsoft via 9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次