WhatsApp、Appleシリコンにネイティブ対応したベータ版を公開

    whatsapp

    whatsapp
     
    メッセージングアプリWhatsAppは、Appleシリコンにネイティブ対応したMacアプリの開発を昨年夏から進めており、ついにベータ版のリリースまでこぎつけた模様です。

    正式リリースに先駆けテストを拡大

    WhatsAppの開発状況に詳しいWABetaInfoによれば、Appleシリコンをネイティブサポートしたベータ版MacアプリWhatsAppのWebサイトからダウンロード可能とのことです。
     
    このベータ版は以前はTestFlightを介して限られた数のユーザーにのみ提供されていましたが、WhatsAppはアプリの正式リリースに先駆け、テストをさらに拡大しているようです。
     
    これまでAppleシリコン搭載Macでは、Rosetta 2を介してIntel版のWhatsAppアプリが使用可能となっていましたが、ネイティブ対応バージョンがリリースされたことはありませんでした。なお、Appleシリコンとは、M1、M1 Pro、M1 Max、M1 Ultra、M2、M2 Pro、M2 Maxチップのことを指します。
     
     
    Source:WABetaInfo via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次