2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPad Pro(2024)用OLEDディスプレイも、あのサプライヤーが独占供給?

    OLED iPad 11 13 AH_1200

    OLED iPad 11 13 AH_1200
     
    SamMobileが、2024年に発表されると噂の11.1インチおよび13インチiPad Pro用有機EL(OLED)ディスプレイは、Samsung Displayが独占供給するとの予想を伝えています。

    2層・スタック型OLEDディスプレイ搭載見込み

    DSCCの最高経営責任者(CEO)であるロス・ヤング氏は、2024年モデルのiPad ProはOLEDディスプレイを搭載、ディスプレイサイズが現行モデルから0.1インチ大きな11.1インチおよび13インチになると述べていました。
     
    両モデルが搭載する2層・スタック型OLEDディスプレイについてこれまで、LG Displayが開発で先行し、Samsung Displayも遅れて開発を開始したと報じられていました。
     
    LG Displayは既に、2層・スタック型OLEDディスプレイを製造中で自動車向けに供給しています。
     
    対して、Samsung Displayは1層・スタック型を開発iPad Air用として供給すると噂されていましたが、その計画は中止された模様です。

    長年の供給実績、信頼関係でSamsung Display有利と予想

    しかし、Samsung DisplayiPhone14シリーズ用OLEDディスプレイの供給において70%を占めること、長年の供給実績によりAppleから信頼を得ていることから、同社が11.1インチおよび13インチiPad Pro用OLEDディスプレイを独占供給する可能性が高いと、SamMobileは考えています。
     
    SamMobileは、Samsung DisplayのOLEDディスプレイ製造規模が世界最大であることもそう考える理由に挙げていますが、iPhone向けと比べて供給枚数の少ないiPad Pro向け製品供給であれば、LG Displayも十分対応できると思われます。
     
     
    Source:SamMobile
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次