OLED搭載iPad Pro、11.1&13インチで2024年1〜3月に発売か

    Apple M2 iPad Pro

    Apple M2 iPad Pro
     
    Appleが、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した11.1インチと13インチのiPad Proを2024年第1四半期(1月〜3月)に発売すると、ディスプレイ業界の動向に詳しいロス・ヤング氏がMacRumorsに語っています。

    ベゼルが細くなり画面サイズ拡大か

    ロス・ヤング氏は以前も、OLEDディスプレイを搭載したiPad Proが2024年に発売されると発言していましたが、具体的なディスプレイサイズについて言及したのは今回が初めてです。
     
    現在のiPad Proから本体サイズは同じまま、画面周囲のベゼルが細くなることで、現在よりも画面サイズが大きくなるようです。
     
    ヤング氏はかつて、2023年に14.1インチのiPadが発売されると述べていましたが、現在はその計画は中止されているとして情報を撤回しています。

    現在のiPad Proは2022年10月に発売されたばかり

    Appleは現在、2モデルのiPad Proを販売しています。
     
    そのうち、12.9インチモデルにはミニLEDディスプレイを搭載していますが、11インチモデルのディスプレイは液晶です。
     
    M2プロセッサ搭載の現行モデルが2022年10月に発売されたばかりであることを考えると、2024年第1四半期まで次のアップデートがないのは不思議ではないだろう、とMacRumorsはコメントしています。

    OLED搭載iPad ProやMacBookの情報、これまでに何度か報道

    Appleはこれまで、OLEDディスプレイをiPhoneやApple Watchに搭載しています。
     
    AppleがOLEDディスプレイ搭載のiPad ProMacBookシリーズを開発しており、2024年頃に発売されるという情報は、これまでも何度か報じられています。
     
     
    Source:MacRumors
    Photo:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次