A17 Bionicを製造と噂のTSMCの3nmプロセス〜5年間で200兆円売上予測

    iPhone15 Pro A17 M3 3nm_1200

    iPhone15 Pro A17 M3 3nm_1200
     
    iPhone15 Proシリーズ用A17 BionicやMacおよびiPad用M3を製造すると噂のTSMCの3nmプロセスでの売上規模は今後5年間で1.5兆ドル(約200兆円)と予測していることを、TSMCのマーク・リュウ会長が発表しました。

    最終製品価格ベースで1.5兆ドル(約200兆円)になると予測

    リュウ会長が、TSMCのFab 18における3nmプロセスでの半導体製造開始を祝う記念式典にて、同プロセスにおける今後5年間での売上規模が、最終製品価格ベースで1.5兆ドル(約200兆円)になると予測していることを発表しました。
     
    Fab 18は、3nmプロセスおよび5nmプロセスでの半導体製造拠点になると、リュウ会長は述べています。

    今後順次、改良型が投入予定〜性能向上率は?

    TSMCの3nmプロセス「N3」では最初に、M2 ProおよびM2 Maxが製造されると噂されています。
     
    その後、改良型3nmプロセス「N3E」にて、iPhone15 Proシリーズ用A17 Bionicが2023年6月か7月に量産が開始され、2023年末には同プロセスで製造されるM3を搭載する新型24インチiMacが発表される可能性もあります。
     
    TSMCの3nmプロセスは「N3」での半導体製造を開始した後、2023年にN3E、2024年にN3P、2025年にN3Xと、改良型が投入される予定です。
     
    TSMC 3nm N3_2
     
    3nmプロセスで製造される半導体についてTSMCは、5nmプロセスで製造されたものよりも、消費電力が35%少なくなると説明しています。
     
    3nmプロセスでの改善率についてTom’s Hardwareは、N3Eで製造された半導体は、5nmプロセス「N5」で製造されたもの(iPhone12シリーズ用A14 Bionicなど)と比べて、同じ動作周波数での消費電力削減率が34%、同じ消費電力での動作周波数向上率が18%になると予測していました。
     

    項目 N3をN5と比較 N3EをN5と比較
    同じ消費電力での
    動作周波数向上率
    10%〜15% 18%
    同じ動作周波数での
    消費電力削減率
    25%〜30% 34%
    トランジスタ密度 1.6倍 1.7倍
    量産開始時期 2022年下半期
    (7月〜12月)
    2023年4月以降

    2025年に2nmプロセス製造ラインを立ち上げ予定

    TSMCは、2025年に2nmプロセス「N2」の製造ラインを立ち上げる予定であることを発表しています。
     
    2nmプロセスで製造される半導体は、3nmプロセスで製造されるものと比較して10%〜15%の性能向上、25%〜30%の消費電力削減が実現される見通しです。
     
     
    Source:DigiTimes,Patently Apple
    Photo:Tom’s Hardware,Apple Cycle(@theapplecycle)/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次