トップページ > 最新情報 > TSMC、2nmプロセスでの半導体製造工場を2022年に建設〜2024年に量産開始
2021年7月29日 02時02分

読了まで 152

TSMC、2nmプロセスでの半導体製造工場を2022年に建設〜2024年に量産開始

Future A chip


 
TSMCが、2nmプロセス(N2)による半導体製造工場を台湾に新設することが明らかになりました。N2での量産開始は、2024年〜2025年になる見通しです。

2024年後半以降、2nmプロセスで製造された半導体を出荷予定

台湾の新竹サイエンスパークにおけるTSMCN2製造工場は、4段階に分けて建設される予定です。Nikkei Asiaによれば、TSMCは2022年初頭に「N2」製造工場の建設に着手します。
 
TSMCのロードマップでは、「N2」において半導体の量産が可能になるのは、2024年後半から2025年にかけてです。
 
TSMC 2nm node_1
 
TSMCは「N2」に対する需要に応じて、製造ラインを段階的に増やしていく予定です。
 
TSMC 2nm node_2
 
TSMCの5nmプロセス「N5」では、A14 Bionicが製造されています。
 
9月に発表されると噂のiPhone13シリーズ(iPhone12sもしくはiPhone12Sとの噂もあり)が搭載するA15システム・オン・チップ(SoC)は、TSMCの改良型5nmプロセス「N5P」で製造されているとみられています。

Intelへの対抗強める

Tom’s Hardwareは、TSMCによる2nmプロセスでの半導体製造工場新設の動きは、Intelが、2024年までに世界最先端のチップを製造し、翌年にはTSMCやSamsungから半導体製造首位の座を奪還することを目指すと発表したことを受けたものだと報じています。
 
 
Source:Nikkei Asia via Tom’s Hardware
Photo:EverythingApplePro EAP/YouTube
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる