2022年12月11日 15時00分

読了まで 148

iPhone14 Plusの販売不振によりサプライヤーの売上高が更に低下

iPhone14 Plus AD 1200


 
の販売不振により、同モデルの製造を担当するの2022年11月の売上高が、2022年10月と比べて13.9%減少したと経済日報が報じました。

iPhone13 mini発売2カ月後と比べても売上高が減少

iPhone14 Plusの販売不振による、Pegatron売上高の減少が止まりません。
 
同社の2022年11月の売上高は、2022年10月と比べて13.9%減少しました。
 
2021年11月との比較では28.3%減と、製造を担当したiPhone13 miniの発売2カ月後の状況と比べても悪化しています。
 
で11月上旬に行われたセール、「ダブルイレブン(W11/独身の日)」では、iPhone14 Plusの販売台数が大幅に増加したと報告されていましたが、他国を含めたiPhone14 Plusの総出荷台数は減少している可能性が高そうです。

来月からiPhone14 Proシリーズの製造も担当見込み

Pegatronは2023年1月より、品薄が続くiPhone14 Proシリーズの製造も担当するとみられています。
 
それにより、同社の売上高が増加することが期待されます。
 
 
Source:経済日報
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる