トップページ > iPhone13 > iPhone13とiPhone13 miniの需要減により製造数削減
2021年12月4日 13時00分

読了まで 157

iPhone13とiPhone13 miniの需要減により製造数削減

iPhone13 13 mini


 
半導体不足の影響によりAppleはiPhone13シリーズを減産したと報じられていますが、その主な機種はiPhone13iPhone13 miniのようです。

iPhone13とiPhone13 miniへの需要が低下

台湾のサプライチェーン関係者からの情報によれば、半導体不足による在庫不足が消費者心理にも影響を及ぼし、購買意欲が低下しているようです。
 
iPhone13シリーズの中でも特に、iPhone13iPhone13 mini需要が減退しているようです。
 
これにより、iPhone13の32%、iPhone13 miniの全数の組み立て作業を受注しているPegatronの業績が悪化しているとみられています。
 
同社は、iPhone14シリーズで廃止される5.4インチモデルに変わり、6.7インチディスプレイを搭載するベースモデル「iPhone14 Max」の組み立て作業を担うと噂されています。

iPhone13とiPhone13 miniの在庫状況改善

日本のApple Storeのお届け予定日もiPhone13とiPhone13 miniは短くなっており、配達地域によっては注文の翌日に入手可能です。
 
対して、iPhone13 Proシリーズは以前より短くなったものの、お届け予定日は7日〜10日後となっています。
 
 
Source:経済日報 via EMS One
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる