Appleフェローのフィリップ・シラー氏がTwitterアカウントを削除したと判明

    フィル・シラー氏

    フィル・シラー氏
     
    AppleのイベントやApp Storeの責任者であるフィリップ・シラー氏が、Twitterアカウントを削除したことが分かりました。

    Twitterの混乱が原因か?

    フィリップ・シラー氏は2020年にAppleのフェローに就任、20万人超のフォロワーを有する自身のTwitterアカウントで、Appleの新製品やサービス、アプリ、構想について、ユーザーと交流していました。
     
    シラー氏がTwitterアカウントを削除した理由は明らかにされていませんが、イーロン・マスク氏が最高経営責任者(CEO)に就任して以来、Twitterに混乱が生じていることが関係しているものと思われます。
     
    Twitterは、イーロン・マスク氏が大量の社員を解雇したほか、ドナルド・トランプ元大統領のTwitterアカウントを復活させると明言するなど物議を醸し、最近では米大手ニュースメディアCBS Newsが、Twitterを利用しての情報発信を当面停止すると発表しています。

    AppleとTwitterの関係に影響を与える可能性

    シラー氏がTwitterアカウントを停止したことをうけ、Bloombergのマーク・ガーマン記者は、コンテンツの質の問題からAppleやGoogleがTwitterを排除する可能性に触れつつ、「注目すべきなのは、AppleのApp Storeチーフが新しいTwitterについてどう感じているかが分かったことだ」と語っています。
     


     
    なお、イーロン・マスク氏は以前からAppleに対して強いライバル心を抱いているといわれており、ティム・クック最高経営責任者(CEO)をTwitterで皮肉ったほか、AppleにTeslaの買収を持ちかけたものの、ティム・クック氏に無視された過去を明かしています。
     
     
    Source:MacRumors,Mark Gurman/Twitter
    (te7373)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次