トップページ > 最新情報 > Teslaのイーロン・マスク氏、Appleに身売りを提案するも断られていた
2020年12月23日 08時28分

読了まで 237

Teslaのイーロン・マスク氏、Appleに身売りを提案するも断られていた

Tesla Model S


 
電気自動車メーカー、Teslaのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、以前、AppleにTeslaの買収を持ちかけたが、ティム・クックCEOに無視された、と語っています。Appleは以前から、電気自動車を開発していると噂されています。

ティム・クックCEOに面談を拒否されていた

Teslaのイーロン・マスクCEOは、Appleが自動運転車「Apple Car」を開発しているとの最近の報道を受けて、以前、Appleへの身売りを提案していたことをTwitterで明らかにしました。
 
小型車「モデル3」の開発が難航していた頃、マスク氏はAppleのティム・クックCEOに対して、現在の企業価値の10分の1ほどの金額での買収を持ちかけたものの、クック氏はマスク氏との面談を拒否したそうです。
 

 

Appleの革新的バッテリーは不可能?

マスク氏は、Appleが開発中の自動運転車には、革新的なバッテリー技術を採用するとの報道に対しては、「もし本当なら、奇妙な話だ」「電気化学的に不可能だ」と否定的なコメントをしています。
 


 
最近では、Appleによる自動運転車開発は既存の自動車メーカー以上にTeslaにとって大きな脅威となるだろう、との予測も発表されています。

数年前にも買収報道

AppleとTeslaの幹部が秘密の会談をした、との報道は2014年に米シリコンバレーの地元紙が報じて話題となりました。
 
2013年にもAppleとTeslaが買収交渉をしていた、とも報じられていましたが、マスク氏の発言を踏まえると、具体的な検討はされていなかったことになります。
 
AppleとTeslaは、幹部級の人材の引き抜き合戦を繰り広げたことでも注目を浴び、マスク氏はAppleはTeslaで使えない人材の墓場だ、と発言して波紋を呼びました。
 
 
Source:MacRumors, The Wall Street Journal
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる