2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone15シリーズのサイド/音量ボタンが感圧式になる?物理ボタン廃止か

    iPhone15 AD_1200_1028

    iPhone15 AD_1200_1028
     
    アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone15シリーズの上位2機種のサイドボタンと音量ボタンは、iPhone SE(第3世代)のような感圧式になる可能性があるとの予想を、Twitterに投稿しました。

    Haptic Engineで擬似的にフィードバック

    クオ氏によれば、iPhone14シリーズでは物理ボタンとなっているサイドボタンと音量ボタンは、iPhone15シリーズの上位2機種では感圧式に変更される可能性があるとのことです。
     
    同氏は、感圧式に変更されるモデルの内部にはHaptic Engineが3つ搭載され、うち2つはサイドボタンと音量ボタンの内側に搭載、物理ボタンを押したようなフィードバックが行われると述べています。
     
    iPhone15シリーズの上位2機種は、iPhone15 ProiPhone15 Ultra(iPhone15 Pro Maxが名称変更と噂)になる見通しです。
     
    クオ氏の予想通りであれば、iPhone15 ProとiPhone15 Ultraは気密性が高まり、耐水性能が向上すると期待されます。
     
    同氏は、Haptic Engineの搭載数が増えることで、サプライヤーであるLuxshare ICTとAAC Technologiesの売上高が増加すると予想しています。
     


     


     
     
    Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次