2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone15 ProとiPhone15 Ultraには大きな機能差があると予想

    iPhone15 Ultra concept 4RMD

    iPhone15 Ultra concept 4RMD
     
    iPhone15 ProとiPhone15 Ultraには大きな機能差があるとの予想を、Bloombergのマーク・ガーマン記者がニュースレター「Power On」で伝えました。

    高倍率望遠カメラはiPhone15 Ultraのみ搭載か

    同記者は、iPhone14 Pro Max後継モデルの名称はiPhone15 Pro Maxではなく、iPhone15 Ultraになる可能性が高いと述べています。
     
    AppleはiPhone14シリーズで、iPhone14およびiPhone14 PlusとiPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxにおいて、搭載するシステム・オン・チップ(SoC)やフロントカメラ周りのデザインを異なったものにするという差別化を進めましたが、iPhone15シリーズでもこの路線が続きそうです。
     
    ガーマン記者の指摘通り、iPhone15 Ultraにのみペリスコープレンズが搭載され、望遠カメラが光学5倍もしくは10倍ズームに対応するとの噂があります。
     
    また、iPhone15 Ultraの筐体素材はチタニウム合金になるとの予想もありました。
     
     
    Source:Power On
    Photo:ApplesFresh(@ApplesFresh_)/Twitter
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次