iPhone14シリーズで目立たないながら注目したい、5つの改良点に関する噂 - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 > iPhone14シリーズで目立たないながら注目したい、5つの改良点に関する噂
2022年8月5日 00時05分

読了まで 25

iPhone14シリーズで目立たないながら注目したい、5つの改良点に関する噂

iPhone14 Pro Purple AD


 
iPhone14シリーズには、注目度は低いながらも重要な5つの改良点があるとし、MacRumorsがまとめています。

本体カラーや価格に比べて注目度の低い噂

MacRumorsが伝えている、iPhone14シリーズにおける注目度は低いながらも重要な5つの改良点は、「新しい冷却機構」「リアカメラ」「フロントカメラ」「SIMカード」「ストレージ容量」です。
 

新しい冷却機構

iPhoneへの搭載が長年噂されてきた冷却機構、ベイパーチャンバーがついにiPhone14シリーズに搭載されるかもしれません。
 
ベイパーチャンバーはiPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxに搭載され、A16の放熱において重要な役割を果たすと期待されています。
 

リアカメラ

iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxリア広角カメラのイメージセンサーは1/1.3インチと、現行モデルの1/1.65インチから57%大きくなると噂されています。
 
この改良により、低照度下で撮影した写真画像が向上する見通しです。
 

フロントカメラ

iPhone14シリーズではフロントカメラも改良され、新たにオートフォーカス機構が搭載されると、ミンチー・クオ氏が伝えていました。
 
また、レンズのf値が現行モデルのf2.2からf1.9になることで、ポートレート撮影における背景のボケ味が強くなり、被写体との対比が優れた写真撮影ができるようになりそうです。
 

SIMカード

iPhone14シリーズでは、一部の販売地域およびキャリアにおいて物理SIMカードを搭載しないeSIM専用モデルがラインナップされるとの噂があります。
 

ストレージ容量

MacRumorsは、高画質化に伴いサイズが大きくなり続けている動画撮影ファイルに対応するため、iPhone14 Pro Max2TBモデルが用意される可能性があると述べています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる