iPhone14 Pro用A16のベンチマークテストGPUスコア向上率を予測

    iPhone14 pro Pro max AH 2

    iPhone14 pro Pro max AH 2
     
    Macworldが、iPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxにだけ搭載されると噂の、A16の各種ベンチマークスコアを予測しています。

    A16の製造プロセスはA15 Bionicと同じと噂

    A16は、A15 Bionicと同じTSMCの改良型5nmプロセス「N5P」で製造されると噂されています。
     
    そのため、プロセス微細化によるトランジスタ数の大幅増や消費電力低減は期待できそうにありません。
     
    次の大きな飛躍は、TSMCの3nmプロセスでAppleシリコンが製造できるようになった際に実現される見通しで、ダイ面積が同じなら70%増のトランジスタを搭載できるとMacworldは伝えています。

    ベンチマークテスト:GPUスコア予測

    Macworldは、A16のグラフィック性能はA15 Bionicと比べて25%〜30%向上すると予測、GPUスコア向上率を示すグラフを掲載しました。
     
    A16-preview-GB5-compute
     
    A16-preview-3DM-wildlife
     
    A16-preview-3DM-SSEU

    ベンチマークテスト:CPUスコア予測

    Macworldは、Geekbench 5ベンチマークテストにおいて、A16のシングルコアスコアが約2,000を記録できる可能性があると予測していました。
     
    A16-preview-GB5-single
     
    同様に、マルチコアスコアの予測値は、約5,700です。
     
    A16-preview-GB5-multi.jpg

    機械学習性能

    iPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxのリア広角カメラの画素数は4,800万画素と、現行モデルの4倍になるため、イメージシグナルプロセッサが担う負担も4倍になるとMacworldが指摘しています。
     
    これらの処理には、イメージシグナルプロセッサに加え、Neural Engineの性能向上が寄与すると、同メディアは予想しています。
     
    また、A16と組み合わせられるメモリは、LPDDR4XからLPDDR5になることも性能向上に好影響を与えると期待されています。
     
    通信面では、5GモデムがQualcomm Snapdragon X65になることで、理論上の最高速度は10Gbpsになりそうです。
     
     
    Source:Macworld
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次