トップページ > iPhone13 > iPhone13が超薄型放熱部品「ベイパーチャンバー」搭載、Nidec CCI供給か
2021年4月14日 14時00分

読了まで 145

iPhone13が超薄型放熱部品「ベイパーチャンバー」搭載、Nidec CCI供給か

iPhone13 EAP 0412_2


 
EMS Oneが、iPhone13シリーズ(iPhone12sシリーズとの噂もあり)が超薄型放熱部品「ベイパーチャンバー」を搭載すると報じています。

Nidec CCIとAurasが供給

同メディアは、台湾メディア経済日報発の情報として、iPhone13シリーズが超薄型放熱部品「ベイパーチャンバー」を搭載すると伝えています。
 
iPhone13シリーズ用の「ベイパーチャンバー」は、Nidec CCIとAurasが供給するとのことです。
 
iPhone13 EAP 0412_1
 
ベイパーチャンバー」は、RazerやAsusのAndroid OSを搭載したゲーミングスマホに採用済みで、高負荷時の冷却能力が向上します。

iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxが搭載か

アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone13シリーズの上位モデルが超薄型放熱部品である「ベイパーチャンバー」を搭載する可能性が高いと伝えていました。
 
iPhone13シリーズには、A15チップ新しい5Gモデム、iPhone13 Proシリーズにはそれらに加えてProMotionディスプレイが搭載されると噂されており、これらは発熱を高める要因となりますが、「ベイパーチャンバー」が放熱に有効に機能すると期待されます。
 
 
Source:経済日報 via EMS One
Photo:EverythingApplePro E A P/YouTube
(FT739)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる