iPhone15 Proがペリスコープレンズ搭載し光学10倍ズーム対応〜アナリスト

    iPhone15 concept AD

    iPhone15 concept AD
     
    MacRumorsが、iPhone15 Proにはペリスコープレンズが搭載され、光学10倍ズームに対応すると伝えました。

    当初予想から1年遅れる見込み

    Haitong International Securitiesのアナリスト、ジェフ・プー氏によれば、2023年に発売されるiPhone15シリーズのうち少なくとも1機種にはペリスコープレンズが搭載され、光学10倍ズームが利用可能になるとのことです。
     
    韓国メディアET Newsは、LG Innotekが開発するペリスコープレンズが、2022年〜2023年にかけて発売されるiPhoneに搭載されると報じていました。
     
    ペリスコープレンズは2022年モデルのiPhoneが採用すると期待されていましたが、アナリストのミンチー・クオ氏は、2023年に発売されるiPhone15シリーズまで待つ必要があると述べていました。

    関連特許を取得済み

    Appleは2021年7月に、ペリスコープレンズ搭載カメラに関する特許を取得済みです。
     
    iPhone15シリーズは物理SIMカードスロットを搭載せず、eSIMのみになると噂されています。
     
     
    Source:MacRumors via iPhone in Canada
    Photo:Appledsign/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次