トップページ > 最新情報 > Apple、2022年のiPhoneに「ペリスコープ望遠レンズ」を搭載か
2020年7月22日 17時53分

読了まで 157

Apple、2022年のiPhoneに「ペリスコープ望遠レンズ」を搭載か

ペリスコープ


 
Appleのサプライチェーンに独自の情報筋を持つ著名アナリスト、ミンチー・クオ氏は、Appleのカメラレンズサプライヤーの最近の動向について書き記していますが、その中に2022年のiPhoneに「ペリスコープ(潜望鏡)望遠レンズ」が搭載されるとの記述が見つかりました。

2022年のiPhoneカメラに関する記述

クオ氏によれば、2020年下半期に韓国Semco、2021年に中国Sunny OpticalがAppleのカメラレンズサプライチェーン入りするとのことです。レンズサプライヤー多様化の動きは、台湾Genius Electronic Opticalの収益に悪影響を及ぼすとみられています。
 
Appleのレンズサプライヤーについての近況はあまり面白くないかもしれませんが、クオ氏の調査資料の中に2022年のiPhoneに関する興味深い情報も含まれていました。

HuaweiやSamsungはペリスコープレンズをすでに採用済み

クオ氏の見方では、Semcoが2022年のiPhoneのペリスコープ望遠レンズの大方を供給する可能性が高いとのことです。
 
「ペリスコープ」とは潜水艦などに使用される潜望鏡の意で、複数の鏡とプリズムを使って光を曲げることで、スマホカメラで驚異的なズームを可能にする技術です。
 
すでにHuaweiはP30 Pro、SamsungがGalaxy S20 Ultraでペリスコープカメラを採用しています。S20 Ultraでは、100倍ズームの撮影が可能となっています。
 
今回のクオ氏のペリスコープカメラに関する記述は、今年3月の予測を踏襲するものです。
 
ペリスコープカメラがどのようなものかは、P30 Proの分解動画の中で確認することができます。
 

 
 
Source:MacRumors, Pocketnow
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる