トップページ > 最新情報 > iPhone14 Proシリーズが搭載か、ペリスコープレンズに関する特許取得
2021年7月13日 23時45分

読了まで 23

iPhone14 Proシリーズが搭載か、ペリスコープレンズに関する特許取得

iPhone14 Pro TL


 
Appleが現地時間2021年7月13日、米国特許商標庁(USPTO)において、折りたたみカメラに関する特許を取得しました。この特許を応用した実製品となるペリスコープレンズ搭載カメラが2022年モデルのiPhone(仮称:iPhone14)に搭載されると、アナリストのミンチー・クオ氏が伝えていました。

ペリスコープレンズ搭載カメラに関する特許取得

Appleが今回取得した特許名は、「折りたたみカメラ」と題されたものです。特許に記されたカメラは一般的にペリスコープレンズ搭載カメラと呼ばれるものと同じで、プリズムを用いて光軸を折り曲げ、レンズの移動範囲を長くし高倍率ズームを実現しようとするものです。
 
Peri-scope lens patent_2
 
下記図表1Aには、Z軸(背面パネル側)から入った光がプリズム(141)で折り曲げられ、レンズシステム部(110)を通り最終的にイメージセンサー(120)まで導かれる様子が記されています。
 
図表6に記されたレンズシステム部には複数枚のレンズが収納されており、これをアクチュエーター(660)を用いて移動することで倍率が変更されます。
 
Peri-scope lens patent_1

iPhone14 Pro(仮称:2022年モデル)が搭載か

ペリスコープレンズは、Google Pixel 6 XL望遠カメラに搭載されると噂されています。
 
アナリストのミンチー・クオ氏や台湾メディアDigiTimesが、2022年モデルのiPhoneにペリスコープレンズ搭載カメラが採用されると伝えていました。
 
ペリスコープレンズ搭載カメラは新機軸であることから、iPhone14でもProシリーズであるiPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxが搭載すると予想されます。
 
ただし、システムはそれなりのスペースを必要とするため、筐体サイズの大きなiPhone14 Pro Max専用になることも考えられます。
 
 
Source:USPTO via Patently Apple
Photo:Tech Limited/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる