2021年9月末の国内MVNO市場、2期連続で前年割れ〜MM総研 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 2021年9月末の国内MVNO市場、2期連続で前年割れ〜MM総研
2021年12月23日 07時45分

読了まで 242

2021年9月末の国内MVNO市場、2期連続で前年割れ〜MM総研

SIMカード iPhone12 Pro Max


 
国内MVNO市場の2021年9月末時点での実績をMM総研が公開しました。独自サービス型SIMの回線契約数は前年同期比19.3%の減少で、2半期連続で前年同期を下回りました。事業者別では、インターネットイニシアティブ(IIJmioなど)が「ギガプラン」の人気もありシェアトップとなっています。

独自サービス型SIM、前年同期比19.3%の減少

MM総研が発表した2021年9月末時点における国内MVNO市場実績によると、独自サービス型SIMの回線契約数は1,239.5万回線で、前年同期比19.3%のマイナスとなり、2021年3月末に続いての前年割れとなりました。
 
国内MVNO市場調査(2021年9月末時点)/MM総研
 
この傾向は、先日総務省が発表した「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」(2021年9月末時点)とも一致しています。

携帯電話契約数に占めるシェアは6.3%、大手キャリアの攻勢に苦戦

2021年9月末時点の携帯電話(3G、LTE、5G)契約数(1億9,606万回線)に占める独自サービス型SIMの契約数比率は6.3%で、2020年9月末から1.9ポイント減少しています。
 
総務省が事業者間の移行をスムーズにするため取り組んだものの、楽天モバイルのMNOへの移行、UQ mobileやY!mobileといったサブブランドの販売拡大、キャリア3社によるオンライン専用プランの提供開始などがMVNOにとって逆風となったため、とMM総研は分析しています。
 
今後についてMM総研は、KDDIの「povo 2.0」や、LINEMOの「ミニプラン」といった小容量プランの提供により、MVNOは苦戦を強いられらるのではないか、とみています。
 
国内MVNO市場調査(2021年9月末時点)/MM総研
 

シェアトップはIIJ mioのインターネットイニシアティブ

独自サービス型SIM市場の事業者別シェア1位は、前回に続いてインターネットイニシアティブ(IIJmio、BIC SIMなど)でした。2021年4月に提供を開始した音声通話付きで月額858円(税込)から使える「ギガプラン」の契約数増加と、IoTなど法人分野も好調で、2021年3月末から10万回線以上の純増となっています。
 
2位はNTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONEなど)で、goo Simsellerを通じた端末のセット販売と、IoT向け回線が好調でした。10月にはドコモショップで加入できる「エコノミーMVNO」サービスの提供も開始しています。
 
3位はオプテージ(mineo)、4位はビッグローブ(BIGLOBE SIM)、5位は楽天モバイルでした。
 
国内MVNO市場調査(2021年9月末時点)/MM総研
 

今後、IoT向け分野を中心に成長

MM総研は、2022年3月末の独自サービス型SIMの回線契約数を前年比0.5%減の1,2255万回線と予測しています。
 
大手キャリアによるサブブランドの販売強化、小容量のオンラインプラン、回線契約を伴わない端末の大幅値下げ、楽天モバイル利用者のMNOへの移行(マイグレーション)により、スマートフォン向けの純減が続く一方で、IoT向け市場は成長が期待されています。
 
2022年度以降は、IoT向け市場を中心に再び成長路線に乗り、2024年3月末時点ではIoT向け比率が過半数の53.3%になるとMM総研は予測しています。
 
国内MVNO市場調査(2021年9月末時点)/MM総研
 
 
Source:MM総研
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる