トップページ > iOS > iOS15.2のベータ4が開発者向けにリリース
2021年12月3日 10時00分

読了まで 151

iOS15.2のベータ4が開発者向けにリリース

iOS15.2 MacRumors


 
iOS15.2ベータ4が、デベロッパ向けに公開されました。

watchOS8.3、iPadOS15.2のベータ4もリリース

前回のiOS15.2ベータ3のリリースから2週間、iOS15.2のベータ4が開発者向けにリリースされました。ビルド番号は「19C5050b」となっています。
 
iOS15.2ベータ4と同時に、watchOS8.3、iPadOS15.2などのベータ4もデベロッパ向けに公開されています。
 

  • watchOS8.3ベータ4(ビルド番号:19S5050c)
  • iPadOS15.2ベータ4(ビルド番号:19C5050b)
  • tvOS15.2ベータ4(ビルド番号:19K5050a)
  • HomePod15.2ベータ4(ビルド番号:19K5050a)

iOS15.2でいくつかの注目すべき変更点

iOS 15.2では、いくつかの注目すべき変更点がありますが、最も注目すべき点は、「設定」アプリケーションに「Appプライバシーレポート」機能が追加されたことです。これにより、ユーザーは、サードパーティー製アプリやApple製アプリを含むアプリケーションがアクセスしたデータを確認できるようになりました。
 
iOS 15.2のこれまでに判明している新機能は以下のとおりです。
 
iOS15.2ベータ2でiMessageのスキャン機能が導入
iOS15.2ベータ2、AirTagによるストーキング防止機能を強化
iOS15.2のベータ3でiPhone13画面のサードパーティー修理が可能に
iOS15.2ベータ3で、Apple Musicのプレイリスト内検索が可能に
 
 
Source:9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる