トップページ > iOS > iOS15.2ベータ2でiMessageのスキャン機能が導入
2021年11月10日 05時16分

読了まで 134

iOS15.2ベータ2でiMessageのスキャン機能が導入

メッセージアプリ アイコン


 
iOS15.2ベータ2が開発者向けにリリースされましたが、発表当初大きなリアクションがあったiMessageのスキャン機能が導入されていることが明らかになりました。

機能はフィードバックをもとに軌道修正

iMessageのスキャン機能は、米国内の家族アカウントを使用する13歳以下のユーザーがiMessageで性的な表現を含む画像を送信また受信しようとした場合、“送信/受信すれば親にコンテンツ内容が通知される”との警告が発せられるというものでした。
 
この機能について、通知システムが特定の状況で子どもを危険にさらす可能性があるという意見が考慮され、実際にiOS15.2ベータ2で導入された機能は子どもがよりコントロールできるようにすることに重点が置かれています。
 
Appleによれば、年齢を問わず、子どもたちが助けを求めたい場合に信頼できる人にメッセージを送ることができる選択肢が与えられていますが、この決定は画像の閲覧の決定とは完全に切り離されているとのことです。
 
 
Source:9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる