トップページ > iOS > iOS/iPadOS15.2ベータ1でアプリのアクティビティ情報が閲覧可能に
2021年10月28日 06時20分

読了まで 153

iOS/iPadOS15.2ベータ1でアプリのアクティビティ情報が閲覧可能に

ios15


 
Appleは現地時間10月27日、iOS15.2、iPadOS15.2、watchOS8.3、tvOS15.2の各ベータ1を、開発者向けにリリースしました。

「Appアクティビティを保存」の内容が閲覧可能に

iOS15.2とiPadOS15.2では、プライバシー設定の「Appアクティビティを記録」の機能が拡張されています。さらに「Appアクティビティを記録」の「Appアクティビティを保存」で保存した内容が閲覧可能となりました。
 
この項目自体は以前から存在していますが、「Appアクティビティを保存」をタップして保存しても、内容を見ることはできませんでした(米メディア9to5Macによるとデータそのものが存在しない)。
 
しかしiOS15.2では、サードパーティー製アプリやApple純正アプリなどを使い、保存したデータの内容を閲覧できるようになります。
 
AppleはiOS15.2、iPadOS15.2の各ベータ1に加え、watchOS8.3、tvOS15.2それぞれのベータ1も開発者向けにリリースしています。
 
【訂正】前回の記事の「iPhone8以降のiPhoneにおいては、サイドボタンと音量ボタンを同時に長押しする方法でしか緊急SOS通報することはできませんでした」の部分について。読者の方から「iPhone8以降のモデルでも、サイドボタンを5回連続で押すと緊急SOS通報が起動する」とのメールを頂きました。実際、iPhone12 Proで試したところ、サイドボタン5回連打で緊急SOS通報のカウントダウンが始まることが確認できましたので、同文を含む部分を削除いたしました。

 
 
Source:9to5Mac(1), (2)
(lunatic)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる