ジョナサン・アイブ氏が退社してからApple製品のデザインが改善された?

    ジョナサン・アイブ

    ジョナサン・アイブ
     
    Appleのハードウェアといえば、iMac、iPod、iPad、そしてiPhoneを作り上げたジョナサン・アイブ氏がすぐに思いつきますが、Apple製品はアイブ氏が退社した後、顧客が求める機能により重点が置かれるようになり、むしろデザインが改善された、とBloombergが報じています。

    デザイン重視の結果生じた弊害も

    新型iMacのデザインにも携わったとされるアイブ氏がAppleを退社したのは2019年のことです。同氏は、自身のデザイン会社「LoveFrom」を立ち上げ、最近フェラーリとの長期コラボも伝えられたばかりです。
     
    しかし、アイブ氏のデザイン重視の姿勢は、予期せぬ弊害を生むこともありました。デバイスの薄さを追求するため導入されたMacBookのバタフライキーボードは、埃やゴミの侵入に弱い設計となってしまい、集団訴訟にまで発展したのが記憶に新しいところです。

    新型MacBook ProにAppleの新たなスタンスが反映

    Appleは日本時間19日に開催したイベントで、新型MacBook Proを発表しました。同機からはかねてから不評だったTouch Barが取り払われ、代わりにHDMI端子など、多くのポートが搭載されています。
     
    このような製品仕様は、アイブ氏がAppleの最高デザイン責任者を務めていたらありえなかったに違いない、とBloombergのアレックス・ウェブ氏はコメントしています。現在では、Appleの工業デザインチームはエバンス・ハンキー氏が率いています。
     
    「ジョナサン・アイブ氏が去ってからは、機能よりも美しさを優先するような圧力はなくなりました」と、イギリス南部にあるUCA芸術大学で工業デザインの教鞭をとるポール・ファウンド氏は述べています。「後継者は顧客の声により耳を傾けるようになっています
     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:California College of the Arts – CCA/YouTube
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次