トップページ > 最新情報 > iPhone13の在庫不足により、海外ではAndroid陣営への競争圧力弱まる
2021年10月6日 14時30分

読了まで 153

iPhone13の在庫不足により、海外ではAndroid陣営への競争圧力弱まる

iPhone13 AH 1004


 
台湾メディアDigiTimesが、iPhone13シリーズの供給数不足により、Android陣営に対する競争圧力が緩和されていると報じました。

米国、欧州、台湾で在庫不足が顕著

DigiTimesによれば、米国、欧州、台湾でiPhone13シリーズの在庫不足が顕著なようです。
 
このことで顧客はAndroidを選択、乗り換えを見合わせるなど、Appleからの競争圧力が緩和されていると、同メディアは伝えています。
 
台湾では、iPhone13シリーズ正式発売前の特別顧客向け事前予約の段階から、iPhone12シリーズの3倍に達する予約数を集めたと伝えられていました。

出荷数不足解消にはサプライチェーンの安定が必要?

iPhone13シリーズは全モデルにセンサーシフト光学式手ぶれ補正機構を搭載していますが、供給が間に合っていないと伝えられています。
 
同部品はベトナムで生産されていますが、サプライヤーのなかには新型コロナウイルスの影響により、数カ月間生産が中断されたところもある模様です。
 
まずは安定した生産体制が整うことが、出荷数不足解消への鍵と予想されます。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる