トップページ > iPhone13 > Samsung、Appleをディスるツイートを連投していた
2021年9月18日 10時00分

読了まで 37

Samsung、Appleをディスるツイートを連投していた

Apple Samsung ロゴ


 
Appleが新製品発表イベントを行っていた日本時間9月15日、Samsungの米国法人がiPhone13等への皮肉を込めたツイートを複数投稿していました。

SamsungがAppleを攻撃?

Samsungの米国法人は、公式Twitterアカウント(@SamsungMobileUS)において、Appleのスペシャルイベント「California streaming.」の発表内容をディスるツイートを連投しており、米国のTwitterユーザーの間で話題になっています。
 
Samsung米国法人のツイートはAppleの発表に合わせてリアルタイムで投稿されていたとみられ、内容は以下の通りとなっています。
 

iPad miniへの皮肉ツイート

 
AppleがiPad mini(第6世代)を発表している際には、「それを半分に折ることができたら、どれほどクールだっただろうか」と、折り畳み式のGalaxy Z Fold3 5Gを意識したツイートを投稿しています。
 


 

iPhone13 Proへの皮肉ツイート

 
リフレッシュレート120Hzが可能になる「ProMotionテクノロジー」を搭載したiPhone13 Proが発表された際には、「私たちはしばらく前から120Hzだよ…」とコメントしています。
 


 

iPhone13シリーズへの皮肉ツイート

 
Appleのイベント終了直後には、Galaxy Z Fold3 5Gのハッシュタグを付けた上で、「2021年にまだノッチが存在することを想像してみろよ」とiPhone13シリーズにノッチ部分があることを揶揄しました。
 


 

さらに皮肉を続ける

 
最後にはGalaxy Z Fold3 5G等の画像を添付し、「世の中には、同じ場所に留まっている物もある。けど私たちは、少し目立つことを好む」とiPhone12のデザインの多くを踏襲したiPhone13シリーズへの皮肉ツイートを投稿しています。
 


 
Samsung米国法人のツイートには、多くのTwitterユーザーから批判等が寄せられており、中には2021年1月にSamsungが誤ってiPhoneからツイートを投稿したとする画像を付けて「これ覚えてる?」とコメントするユーザーもいました。
 


 
 
Source:Samsung / Twitter
(seng)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる