トップページ > iPhone13 > iPhone13の「スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ」が話題に!
2021年9月17日 12時00分

読了まで 234

iPhone13の「スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ」が話題に!

iPhone13 スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ


 
Appleの公式ページにおいて、iPhone13/13 miniのディスプレイが「スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ」と少し奇妙な表現で紹介されており、Twitterなどで話題になっています。有名な英単語が元ネタになっているようです。

スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ

iPhone13 スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ1
 
Appleは日本時間9月15日にiPhone13シリーズ等を発表し、公式ページにもiPhone13/13 miniが登場しました。
 
iPhone13/13 miniは、iPhone12よりも最大輝度等が向上したSuper Retina XDRディスプレイを搭載しており、Appleの公式ページでは超鮮明、超多彩、超精細とPRされています。
 
公式ページでは、iPhone13のディスプレイが「スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ」と記載されており、ポップなような、子どもっぽいような、不思議な表現と話題になっています。

元ネタは有名な英単語


 
Appleの米国版Webページでは、「Supercolor​pixelistic​XDRidocious」と記載されており、これは1964年公開の映画メリーポピンズの劇中歌タイトルで、最も長い英単語の一つと言われる「Supercalifragilisticexpialidocious」のオマージュだとTwitterで話題になりました。
 
Appleは元の語感を維持しつつ、colorやpixel、XDR等のディスプレイ用語を組み込んでおり、Twitterユーザーのへいほぅ氏(@5ebec)は「鳥肌が立った」と絶賛しつつ、日本語への翻訳担当者は頭を悩ませただろうとツイートし、約10万件の「いいね」が寄せられています。
 

他にも1960年代の名作のオマージュが

また、Appleイベントのタイトル「California streaming.」は、1965年発表の楽曲「夢のカリフォルニア」(California Dreamin’)のオマージュと言われており、Siriはイベントに関する質問に対して1966年の楽曲「恋はあせらず」(You Can’t Hurry Love)の歌詞をもじって返答したと報じられていました。
 
 
Source:Apple, へいほぅ / Twitter
(seng)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる