トップページ > 最新情報 > Apple、TSMCの5nmプロセスの生産能力の80%を予約済み〜A14Zなど製造か
2020年12月22日 10時30分

読了まで 139

Apple、TSMCの5nmプロセスの生産能力の80%を予約済み〜A14Zなど製造か

A14


 
Appleは、台湾TSMC5nmプロセスの2021年の生産能力の80%を予約済みで、同プロセスでは新型iPad Pro用A14Z Bionicや新型iMac用チップの生産が行われると、Wccftechが報じています。

TSMCは生産能力を強化か

Appleは、TSMC5nmプロセスの2021年の生産能力の80%を予約済みのようです。
 
TSMCは、2021年第1四半期(1月〜3月)に新しい生産プラントを稼働させ、月間生産能力をウェハー換算で9万枚まで増加させるとみられています。

5nmプロセスで複数のApple向けチップを製造

Wccftechは、2021年にTSMCの5nmプロセスで、新型iPad Proに搭載されるA14Z Bionic、新型iMacに搭載されるA14T、自社開発GPU、iPhone13用のA15 Bionicが生産されると予想しています。
 
ただし、TSMCの5nmプロセスは今後、現行のN5からN5P、N4へと改良されると見込まれており、A15 BionicはN5Pで生産される可能性が高いと見られていますが、どのチップがどのプロセスで生産されるのかはまだ不明とのことです。
 
 
Source:CnBeta via Wccftech
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる