トップページ > 最新情報 > Appleメガネと専用iPodが来年のWWDC22で発表か〜AR開発環境も発表する?
2021年7月16日 10時00分

読了まで 22

Appleメガネと専用iPodが来年のWWDC22で発表か〜AR開発環境も発表する?

iPod Max TL


 
テック関連情報への造詣が深いTwitterユーザーのロバート・スコブル氏が、Appleメガネは専用iPodとともに、WWDC22で発表されると投稿しました。

Appleメガネは専用iPodと組み合わせて使用する?

スコブル氏によれば、Appleメガネを利用するには専用の新型iPodが必要になるようです。同氏は、これらの情報を入手したが、信憑性については不明だと述べています。
 
WWDC22でソフトウェアではなくハードウェアが発表されるとすれば、それと同時にAR環境開発キットなども一緒に披露されることが考えられます。
 
Appleメガネを利用するのに専用の新型iPodが必要になるというのは、Appleメガネ単体では拡張現実(AR)の画像処理ができないなどの制約があるため、iPhoneやiPadを所有していないユーザーは新型iPodと組み合わせる必要があるということかもしれません。
 
AppleメガネにはLiDARや特殊なレンズディスプレイが搭載されるとみられていますが、ARの処理などはiPhoneなどの母機で行うと噂されています。
 

専用iPodは噂の新型iPod touchか

Appleは、新型iPod touchの開発を諦めたわけではなく検討しているとの情報がありました。
 
スコブル氏のいうAppleメガネ専用のiPodが新型iPod touchと同じものなのかわかりませんが、この情報が事実であれば2022年に何らかの新しいiPodが発表されるかもしれません。
 
 
Source:Scoble(@Scobleizer)/Twitter via Notebookcheck
Photo:Tech Limited/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる