トップページ > 最新情報 > Appleメガネ、装着者のみが見えるプライバシースクリーンをiPhone上に表示?
2020年7月16日 22時02分

読了まで 155

Appleメガネ、装着者のみが見えるプライバシースクリーンをiPhone上に表示?

Apple Glass EAP 02
 
米国特許商標庁(USPTO)にて公開された特許情報からAppleは、Appleメガネ装着者のみが見えるプライバシースクリーンiPhone上に表示する機能を検討していることがわかりました。

特許名:プライバシースクリーン

本特許、「プライバシースクリーン」は、プライバシーフィルター、プライバシーフィルムなどをiPhoneの画面に装着して、周囲の人から画面が見えないようにしている状態を、Appleメガネの装着によって実現するものです。
 
この特許を活用した機能が導入されれば、Appleメガネを装着しているユーザーは、iPhoneやiPadの画面に何も表示されていない状態でも、拡張現実(AR: Augmented Reality)を活用して、あたかもそこに画面が表示されているように見ることが出来るようです。

バッテリー駆動時間延長にも貢献か

AppleInsiderによれば、Appleメガネを装着して「プライバシースクリーン」機能が使えるようになれば、プライバシーフィルターを装着したときのように、暗くなったディスプレイの輝度を上げて見やすくする必要がなくなることで、バッテリー消費も抑えられる他、単に現在と同じiPhoneやiPadの画面が表示させるようにするだけではなく、コントロールボタンなども表示させることで、操作性の改善にも結びつく可能性があるようです。
 
「プライバシースクリーン」が実現されたら、周囲の人間が本機能を利用しているユーザーのiPhoneを覗き込んでも、何も表示されていない画面を操作しているように見えるだろうと、AppleInsiderは説明しています。
 
 
Source:USPTO via AppleInsider
Photo:EverythingApplePro/Twitter
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる