トップページ > 最新情報 > 新型iPhoneのレンズ駆動用モーターを2021年下半期に出荷開始〜潜望鏡レンズ用か
2021年1月8日 19時20分

読了まで 29

新型iPhoneのレンズ駆動用モーターを2021年下半期に出荷開始〜潜望鏡レンズ用か

iPhone13 Periscope EAP


 
iPhoneに搭載されているカメラ用レンズを供給している台湾LARGAN Precision(大立光)が、2021年下半期(7月〜12月)に新型iPhone用のボイスコイルモーター(VCM:Voice Coil Motor)を出荷開始すると、DigiTimesが報じました。

噂のペリスコープ(潜望鏡)レンズの駆動用モーターか

スマートフォン情報中心のメディアPhonemantraは、iPhone13(仮称:2021年モデル)にペリスコープレンズが搭載される可能性があると予想していました。
 
著名アナリストのミンチー・クオ氏は、ペリスコープレンズが搭載されるのは2022年に発売されるiPhoneと予想、サプライヤーとして、アルプス、ミネベア、LARGAN Precisionが部品を供給すると伝えていました。
 
DigiTimesは、LARGAN PrecisionのVCM出荷時期を2021年下半期(7月〜12月)と報じていますので、ペリスコープレンズの搭載がiPhone13(仮称:2021年モデル)に間に合うのか、それともiPhone14(仮称:2022年モデル)になるのか注目されます。
 
ただし、VCMは必ずしもペリスコープレンズのみに用いられるものではないことから、単に「LARGAN Precisionが、新型iPhoneでカメラの焦点調整に用いるVCMを受注した」だけかもしれません。続報が待たれます。

ペリスコープレンズとは

ペリスコープレンズは望遠時のズーム倍率を拡大するために用いられており、既に採用済みのGalaxy S20 Ultraでは100倍ズームが可能です。
 
Periscope-Disassembly
 
ペリスコープレンズの内部には、複数のレンズと入射光を曲げるためのプリズムが搭載されています。VCMは、これらのレンズの駆動に用いられると予想されます。
 
下記の動画の再生時間45秒から、ペリスコープレンズの内部構造と、ズームの効果が解説されています。
 

 
 
Source:DigiTimes, AppleInsider
Photo:System Plus Consulting, 5×5 Tech/YouTube, EverythingApplePro EAP/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる