トップページ > iPhone13 Pro Max > iPhone14シリーズは4モデル全てがProMotionディスプレイ搭載か
2021年4月22日 00時05分

読了まで 214

iPhone14シリーズは4モデル全てがProMotionディスプレイ搭載か

iPhone14 2022 AH


 
ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)の最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏が、iPhone14シリーズ(仮称:2022年モデル)は4モデル全てがリフレッシュレート120Hzのディスプレイを搭載すると、Twitterに投稿しました。

iPhone14シリーズはディスプレイサイズが2種類のみに?

iPhone14シリーズは、5.4インチディスプレイを搭載する「mini」を廃止、6.1インチと6.7インチディスプレイを搭載するベースモデル、同じく6.1インチと6.7インチディスプレイを搭載するProモデルの、合計4モデルのラインナップになると、アナリストのミンチー・クオ氏が予想していました。
 
ヤング氏の投稿によれば、これらのモデル全てがリフレッシュレート120Hzのディスプレイを搭載するようです。
 


 

iPhone13 Proシリーズでリフレッシュレート120Hzが実現

ヤング氏は、iPhone13シリーズ(iPhone12sとの噂もあり)ではiPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxがリフレッシュレート120Hzの、ProMotionディスプレイを搭載すると伝えていました。
 
リフレッシュレート120Hzは、省電力性能に優れる低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)ディスプレイが搭載されることで実現される見通しです。
 
iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxでは、常時点灯ディスプレイが実現するとも噂されています。

240Hzリフレッシュレートの特許を取得済み

Appleは2021年2月に、60Hz〜240Hzの可変リフレッシュレートを備えるディスプレイに関する特許を取得していましたので、将来的に120Hzを上回る高リフレッシュレートディスプレイが実現するかもしれません。
 
 
Source:Ross Young(@DSCCRoss)/Twitter
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる