トップページ > 最新情報 > iPhone12s ProシリーズがLTPO搭載で高リフレッシュレート実現か
2021年1月23日 08時00分

読了まで 27

iPhone12s ProシリーズがLTPO搭載で高リフレッシュレート実現か

iPhone12s


 
iPhone12s Proシリーズ(仮称:2021年モデル)には、120Hzリフレッシュレートディスプレイが搭載される見通しであることを、業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)の最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏が、Twitterに投稿しました。

低消費電力で高リフレッシュレートのディスプレイ

ヤング氏は、低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)ディスプレイを搭載して2021年内に発売されると予想しているスマートフォン名をTwitterに投稿、複数のAndroidスマートフォンの他に、iPhone12s ProとiPhone12s Pro Maxをあげています。
 

Samsung Displayが独占供給か

iPhone12s ProとiPhone12s Pro MaxにはSamsung Displayの1社供給となる、「低温多結晶酸化物(LTPO) – 薄膜トランジスタ(TFT) 有機ELディスプレイパネル」が搭載されると噂されています。
 
このディスプレイパネルは、高リフレッシュレートと低消費電力を両立していることから、iPhone12s ProとiPhone12s Pro Maxで120Hzリフレッシュレートが実現されるようです。
 
先日のジョン・プロッサー氏の予想だけではなく、ヤング氏も2021年モデルのiPhoneの名称を、「iPhone12s」と記し始めた点も、気になります。
 
 
Source:Ross Young(@DSCCRoss)/Twitter
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる