トップページ > iPhone > iPhone12 ProとiPhone12 Pro Max、カメラの配置に違い
2020年10月19日 13時35分

読了まで 214

iPhone12 ProとiPhone12 Pro Max、カメラの配置に違い


 
iPhone12 ProiPhone12 Pro Maxでは、望遠カメラと広角カメラの位置が入れ替わっています。iPhone12 Pro Maxのみに搭載される、センサーシフト式の光学手ぶれ補正機構搭載のためとみられます。

広角/望遠カメラの位置が入れ替わる

Appleは、現地時間10月13日にiPhone12 ProiPhone12 Pro Maxを発表した際、iPhone12 Proの広角カメラの位置が上、iPhone12 Pro Maxでは広角カメラが下にあることを紹介しています。
 
iPhone12 Proの広角カメラは上に位置しています。
 

 
iPhone12 Pro Maxでは、広角カメラが下に配置されています。
 

 
なお、2019年に発売されたiPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxでは、カメラの配置に違いはありませんでした。
 

 

Appleのガイドラインでも違いを明示

カメラの位置関係について、Appleが2020年10月16日付けでアクセサリーメーカー向けに公開した「Accessory Design Guidelines for Apple Devices」でも、iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxではカメラの配置が異なることが分かります。
 
iPhone12 Pro
 

 
iPhone12 Pro Max
 

 
これらの情報をまとめると、iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxで、広角カメラと望遠カメラの位置が以下のように入れ替わっていることになります(超広角カメラの位置は同じ)。
 

 

センサーシフト式光学手ぶれ補正機構用スペースの都合か

カメラの配置が異なる理由についてMacお宝鑑定団Blogは、iPhone12 Pro Maxに搭載されたセンサーシフト式光学手ぶれ補正機構を搭載するスペースの都合と考えられる、と伝えています。
 
iPhone12 Pro Maxのセンサーシフト式光学手ぶれ補正機構については、先日の発表イベント動画の50:41あたりから詳しく紹介されています。
 

 
 
Source:Macお宝鑑定団Blog
Photo:Apple (1), (2)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる