トップページ > 最新情報 > Huawei Mate 40EやP50などにKirin 9000を搭載?
2021年1月28日 09時51分

読了まで 23

Huawei Mate 40EやP50などにKirin 9000を搭載?

Huawei Mate40の画像


 
米国からの制裁に苦しむHuaweiの、新たなスマートフォンの情報が入ってきました。Mate 40E、P50、Mate X2と呼ばれるこれらのスマートフォンには、システム・オン・チップ(SoC)としてKirin 9000シリーズが搭載されるとのことです。

Mate 40EにKirin 9000を搭載

Huawei米国からの制裁の影響により、自社製SoCの製造ができない状況に追い込まれています。
 
しかしながら、ハイエンドスマートフォン向けSoCであるKirin 9000シリーズの在庫は900万個弱確保しており、次世代のスマートフォンに搭載するのに十分な数を持っているとHuaweiは主張しているそうです。
 
このKirin 9000を搭載する新しいHuaweiのスマートフォンといわれているのが、Mate 40Eです。
 
Mate 40Eには2,376×1,080ピクセルの6.5インチ有機ELディスプレイが搭載されるといわれています。
 
カメラには、制裁の影響で供給が途絶えている、P40 Proに搭載されたソニーのIMX 700センサーではなく、64メガピクセルの別のセンサーを採用するようです。

P50とMate X2にもKirin 9000シリーズを採用

さらに、Mate 40Eの次となるP50やMate X2にもKirin 9000シリーズ(Kirin 9000/9000E)を採用するとされています。
 
P50の標準版にはリフレッシュレートが90Hzのディスプレイ、ハイエンド版には120Hzのディスプレイが搭載されるとのことです。
 
また、カメラにもこだわっており、ズーム倍率が200倍に達するそうです。
 
OSにはHuawei独自のOSであるHarmony OSではなく、AndroidベースのEMUI 11が採用される見込みのようです。
 
一方、HuaweiのPシリーズやMateシリーズにはブランド売却のうわさがあります。
 
 
Source:Weibo via Gizchina
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる