2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Kirin 9000チップのベンチマークスコア登場〜A14以上だが期待外れ?

    huawei kirin hisilicon

    huawei kirin hisilicon
     
    Huaweiの“最後のハイエンドチップ”とされるKirin 9000のベンチマークスコアが登場しました。期待されていたほどのスコアではないものの、iPhone12シリーズ搭載のA14チップのスコア(とされる数値)は上回っています。

    Mate 40のチップとしては期待外れ?

    スマートフォンやチップのパフォーマンスを評価するベンチマークテストは現在、GeekbenchとAnTuTuの2種類が代表的です。このうちAnTuTuによるKirin 9000の測定結果が、リーク情報に詳しいIce universe氏(@UniverseIce)のTwitterで公開されました。Kirin 9000は、Huaweiが10月22日に発表予定の次期フラッグシップモデル「Mate 40」に搭載されると考えられています。
     
    Ice universe氏によると、Huawei(正確には傘下のHiSilicon)製Kirin 9000のスコアは693,605点となり、Samsung製の他ベンダー向けチップExynos 1080と同程度のパフォーマンスになるそうです。
     


     
    Exynos 1080と同等ということは、同じ世代であるQualcommのSnapdragon 875や、SamsungがGalaxy Note20やGalaxy S21に搭載予定のチップExynos 2100に比べて、スコアが低い可能性が大きいことを意味しています。ハイエンドスマートフォン市場の一翼を担ってきたHuaweiの最新チップとしては、いささか期待はずれな点は否めないでしょう。
     
    ただし、Ice universe氏が以前公開した、iPhone12シリーズやiPad Air(第4世代)向けA14 BionicのAnTuTuベンチマークスコアは572,333点でした。
     


     
    仮にA14 Bionicのスコアが60万点を下回るとなれば、Qualcommが昨年発表したSnapdragon 865のバージョンアップモデルとなるSnapdragon 865 Plusよりも低い数値であるため、そもそもAnTuTuのパフォーマンス測定方法に問題がある可能性も否定できません。
     
     
    Source:Twitter-Ice universe
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次