トップページ > iPhone13 > iPhone13のディスプレイ下埋込み型Touch IDの認識範囲は広く、動作も速い
2021年1月20日 00時05分

読了まで 22

iPhone13のディスプレイ下埋込み型Touch IDの認識範囲は広く、動作も速い

iPhone touch ID


 
リーカーのマクガイア・ウッド氏が、「iPhone13に搭載されるディスプレイ下埋込み型指紋認証、Touch IDの認識範囲は広く、動作も速い」とTwitterに投稿しました。

ディスプレイ内の広範囲で高速に指紋認証可能?

iPhone13シリーズにはQualcommの超音波式指紋認証センサー、「第2世代3D Sonic Sensor」が搭載されると噂されています。
 
ウッド氏によれば、iPhone13シリーズに搭載されるであろう指紋認証センサーは、新しいAシリーズチップの性能を活かし、フラッグシップ・Androidデバイスよりも広い範囲で高速に指紋認証するとのことです。
 

名称は、iPhone12sではなくiPhone13と予想

2021年モデルのiPhoneは、モデル名がiPhone12sになるとの噂がありますが、ウッド氏はiPhone13になると予想しています。
 


 
 
Source:McGuire Wood(@Jioriku)/Twitter
Photo:AAPL Only
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる