トップページ > 最新情報 > Qualcommが新型画面内指紋センサーを発表 従来より大型で高速
2021年1月12日 08時10分

読了まで 140

Qualcommが新型画面内指紋センサーを発表 従来より大型で高速

Qualcommの新型画面内指紋センサー


 
画面内指紋センサーは多くのAndroidスマートフォンに採用されていますが、認証のスピードやセキュリティの面で不満がありました。Qualcommが発表した第2世代の画面内指紋センサーは、これらの不満点を解消したものになっています。

センサーが大型化

第2世代3D Sonic Sensorと呼ばれるQualcommの画面内指紋センサーは、従来のものが36平方ミリメートルであったのに対し、64平方ミリメートルと77%大型化しています。
 
センサーの面積が大きくなったことにより、最大1.7倍の生体認証データを収集できるようになります。これにより、最大50%高速に処理ができるようになり、第1世代の3D Sonic Sensorで不満のあったロック解除のスピードが上がるとのことです。また、セキュリティ性も向上することでしょう。

Galaxy S21に搭載?

このQualcommの第2世代3D Sonic Sensorは、SamsungのGalaxy S21に搭載される見込みです。Galaxy S21は1月14日のSamsungのイベントで正式発表されるといわれています。
 
画面内指紋センサーについては、iPhone13にも搭載されるといううわさがあります。
 
 
Source:The Verge
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる