トップページ > iPhone > iPhone13シリーズで期待できる7つの機能向上とは?
2021年1月3日 09時13分

読了まで 310

iPhone13シリーズで期待できる7つの機能向上とは?

iphone13


 
今年秋の発売が期待される「iPhone13(仮称)」では、どのような変更が行われ、どんな新機能が追加されるのでしょうか。Tom’s GuideがiPhone13に関する噂から、期待される変更および新機能7点を紹介しています。

ノッチが小型化

初めて有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したiPhone Xで採用され、以降全OLEDモデルのディスプレイ上部中央に存在するTrueDepthカメラシステム格納部分(ノッチ、切り欠き)は、2021年モデルであるiPhone13にも引き継がれるという見方が濃厚です。
 
リーカーのIce universe氏(@UniverseIce)は、iPhone13でもノッチが消滅することはないが、縦幅が短くなると予想しています。
 

120Hzプロモーションディスプレイ

iPhone12シリーズでの導入が噂されながら実現しなかったリフレッシュレート120Hzのディスプレイが、iPhone13シリーズの少なくともProモデル(iPhone13 Pro/Pro Max)でいよいよ採用されると予想されています。

 
iPhone13シリーズの120Hzディスプレイ搭載については、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCCのロス・ヤング氏、リーカーのジョン・プロッサー氏、そして韓国メディアET Newsが予想を伝えています。
 
ヤング氏は、省電力性能に優れた低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)採用で、リフレッシュレートの変更が可能なProMotionディスプレイが実現すると述べています。

カメラ機能の向上

著名アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone13シリーズの上位のProモデルには、f/1.8で6枚のレンズからなるオートフォーカス(AF:自動で焦点が合う)対応の超広角レンズが搭載されるとの予測を発表しています。
 
また前述のロス・ヤング氏は、iPhone13 miniとiPhone13のリアカメラは2眼、iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxのカメラが3眼という構成は変わらないものの、iPhone13 miniとiPhone13のリアカメラにはiPhone12 Pro Maxと同じカメラセンサー(イメージセンサー)が採用され、Proシリーズのリアカメラのイメージセンサーは大型化するとも予想しています。

Wi-Fi 6E対応

wifi 6e
 
Barclaysのアナリストは、iPhone13シリーズはWi-Fi 6の拡張規格であるWi-Fi 6Eに対応すると予想しています。
 
Wi-Fi 6Eに対応すれば、これまでの無線LAN規格で使用してきた2.4GHzや5GHzに加え新たに6GHzに対応、拡張されます。これにより通信が安定するとともに、帯域幅が広がるためデータ伝送速度の高速化が期待できます。

Touch IDの復活

iPhone13では、ディスプレイ埋込み型という形でTouch IDが復活するとの噂があります。リーカーのジョン・プロッサー氏は、ディスプレイ埋込み型Touch IDを搭載した、iPhone13のプロトタイプ2台の存在を確認していると伝えています。

5G通信向上とバッテリー持続時間の延長

iPhone12シリーズのバッテリー持続時間は、iPhone11シリーズと比べあまり延びていません5G通信ではバッテリー消耗が激しいことがわかっているだけに、iPhone13ではバッテリー持続時間の延長にも期待したいところです。
 
QualcommとAppleとの和解に関する文書から、iPhone13シリーズにはSnapdragon X60モデムが採用される予定であることがわかっています。X60は5nmプロセスで生産され、電力効率向上が期待できるため、iPhone12シリーズよりもバッテリー持続時間が長くなると見られています。

全モデルにLiDARセンサー搭載

iPhone12シリーズではiPhone12 Pro/Pro MaxだけがLiDARセンサーを搭載していますが、iPhone13シリーズでは4モデルすべてがLiDARセンサーを搭載すると見込まれています。

 
 
Source:Tom’s Guide
Photo:ConceptsiPhone/YouTube
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる