トップページ > iPhone12 > 「iPhone13」のノッチはiPhone12よりも小さくなる?
2020年10月7日 23時50分

読了まで 22

「iPhone13」のノッチはiPhone12よりも小さくなる?

iPhone12 render_03

 
2021年秋に発売見込みの「iPhone13」でも、TrueDepthカメラシステムを格納するノッチ(切り欠き)は継続するようです。実績のあるリーカーがツイートしています。

ノッチの縦が短くなる?

iPhone12シリーズはまだ発表されていませんが、早くも来年のiPhoneに関する予想がTwitterに投稿されました。
 
リーカーのIce universe氏(@UniverseIce)によれば、2021年に登場見込みのiPhone13でも、スクリーン中央上部にあるノッチが消滅することはないそうです。ただしノッチの縦が短くなると、手描きイラストとともに説明しています。
 

iPhone Xで導入されたフルスクリーンとノッチのデザイン

2017年発売のiPhone Xでは、指紋認証に代わって顔認証が採用され、ノッチを設けたフルスクリーンへとデザインが刷新されました。
 
その後顔認証機能を持つフルスクリーンiPhoneには、すべてノッチが存在しています。

iPhone12のノッチのサイズは変化なし?

iPhone13ではノッチが消滅するとの噂もありましたが、Ice universe氏の情報が正しければ、縦が短くなるのみで、なくなることはないようです。
 
そして同氏の投稿にはもうひとつ気になる点があります。iPhone12と比べてiPhone13のノッチが小さくなると記されているものの、iPhone12のノッチについては触れられていないということです。
 
これはつまり、iPhone12シリーズのノッチの大きさは、iPhone11から変化しないことを意味している可能性があります。

 
 
Source:Ice universe(@UniverseIce)/Twitter
Photo:AppleTrack
(lunatic)

カテゴリ : iPhone12, iPhone13, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる