トップページ > 最新情報 > 楽天モバイル、契約事務手数料とMNP転出手数料の無料化を発表
2020年11月4日 18時58分

読了まで 225

楽天モバイル、契約事務手数料とMNP転出手数料の無料化を発表

楽天モバイル「ZERO宣言」


 
楽天モバイルは、契約事務手数料と、他社への携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転出手数料を11月4日から無料化すると発表しました。

SIM交換・再発行手数料の無料化に続く手数料無料化

楽天モバイルは、「ZERO宣言」として、10月12日から実施しているSIM交換手数料およびSIM再発行手数料の無料化に加え、11月4日からは契約事務手数料と他社へのMNP転出手数料を無料化すると発表しました。
 
楽天モバイルは、2020年4月のサービス開始から、1年間ぶんの基本利用料(月額2,980円)、「Rakuten Link」アプリ利用時の国内通話料、契約解除料を無料としており、9月末に開始した5Gサービスは4Gと同額としています。
 
同社は、世界初とうたうネットワーク機能の仮想化により設備投資や運用コストを削減したことで、利用者への還元を実現した、と説明しています。

ソフトバンクに続き、来春のMNP転出手数料無料化を先取り

MNP転出手数料の原則無料化は、総務省が有識者会議での議論を取りまとめ、現在意見募集(パブリックコメント)を行なっており、2021年4月から正式に制度化される予定です。
 
すでにソフトバンクがMNP転出手数料の無料化を発表しており、楽天がそれに続いた格好です。

最大28,000ポイント還元のキャンペーンも

楽天モバイルでは、新規契約者を対象に最大28,000ポイントの「楽天ポイント」を還元するキャンペーンを開始しています。
 
キャンペーンは、5G対応料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」の新規契約者が対象で、「Rakuten UN-LIMIT V」に申し込むと8,000ポイント、対象スマートフォンの購入で最大20,000ポイントの還元が受けられます。
 
楽天モバイル「ZERO宣言」
 
新規契約は、手元のスマートフォンを引き続き利用する場合でも対象となります。ただし、iPhoneシリーズでは楽天回線とau回線の自動切り替え、au回線でのSMS、緊急地震速報の受信、110番/119番での高精度な位置情報測位などの機能が利用できない場合があります。
 
キャンペーン期間は、オンラインが2020年11月4日午前9時から12月1日午前8時59分まで、店舗では2020年11月4日の開店から11月30日閉店までです。
 
最大20,000ポイント還元キャンペーンの対象は、以下のモデルです。
 

  • 20,000ポイント還元対象
    • Galaxy S10
    • Xperia Ace

     

  • 15,000ポイント還元対象
    • Rakuten BIG
    • AQUSO sense3 lite
    • OPPO A5 2020
    • OPPO Reno A 128GB
    • arrows RX

 
 
Source:楽天モバイル
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる