2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS14とAirPods Proで使える空間オーディオ、試したユーザーは高評価

    iOS14 AirPods 空間オーディオ WWDC 2020

    iOS14 AirPods 空間オーディオ WWDC 2020
     
    AirPods Proに最新のファームウェアを適用し、iOS14ベータをインストールしたiPhoneで新機能「空間オーディオ」を試したユーザーが、自然な聴こえ方を高く評価しています。

    iOS14ベータで試したユーザーから高い評価

    AirPods Pro向けの最新ファームウェアアップデートでは、iOS14の新機能、空間オーディオや複数デバイスの自動切り替えが利用可能になりました。
     
    空間オーディオのオン/オフは、コントロールセンターのボリュームスライダー、もしくは「設定」アプリから操作できます。
     


     


     
    iOS14などのベータをインストールしたユーザーが、TwitterやMacRumorsの読者フォーラムに、空間オーディオを試した感想を投稿しており、「没入感がある」「幻覚のようだ」「驚きだ」など、好意的に評価しています。
     
    MacRumors読者フォーラムには、聴こえ方があまりに自然で「iPadのスピーカーから音が出ているのかと思って、AirPods Proを外して確かめた」などのコメントも寄せられています。

    自動切り替えも問題なく動作

    AirPodsの自動切り替え機能を、iPhoneとiPadでApple TV+のコンテンツを再生して試したTwitterユーザーは、問題なく動作している、と報告しています。
     


     

    対応コンテンツが必要

    空間オーディオ機能を使うには、Dolby Atmos、Dolby 5.1、Dolby 7.1のオーディオソースのコンテンツが必要です。
     
    Apple TV+で公開されている映画「グレイハウンド」や、エミー賞8部門にノミネートされた「ザ・モーニングショー」などの作品が、Dolby Atmosに対応しています。
     
    なお、AppleはApple TV+などのサブスクリプションサービスをセットにした「Apple One」を発表するのではないかとBloombergが報じているほか、最近はAppleによる関連ドメイン大量取得が明らかになったのに加え、iOSのコードからも記述が発見されています。
     
     
    Source:MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次