トップページ > 最新情報 > 米Appleのトップページ、「Apple TV+」宣伝仕様に
2020年9月5日 03時58分

読了まで 155

米Appleのトップページ、「Apple TV+」宣伝仕様に

Apple Apple TV+


 
米Appleは現地時間9月4日にWebサイトのトップページをアップデートし、同社の動画配信サービスApple TV+を全面的に宣伝するデザインへと変更しました。

エミー賞ノミネート作品を宣伝

米Apple.comのトップページは現在、Apple TV+の宣伝で埋め尽くされています。一番上には、同サービスで配信中の作品が合計18のエミー賞ノミネートを獲得していることが記されています。
 
下にスクロールしていくと、最初に登場するのが、主演男優賞(スティーヴ・カレル)、主演女優賞(ジェニファー・アニストン)など、計8つのノミネートを獲得している「ザ・モーニングショー」です。
 
そしてその下には2つのノミネートを獲得した「ジェイコブを守るため」、5つのノミネートを獲得した「ビースティ・ボーイズ・ストーリー」が続き、さらにその下には「セントラル・パーク」「ホーム」「ゾウの女王:偉大な母の物語」のエミー賞ノミネート3作品が表示されるようになっています。
 
ちなみにApple日本のサイトのデザインは現時点では変更されていません。

1年間無料トライアル終了後のユーザー取り込みが鍵

2019年11月からサービス開始となったApple TV+では、当初よりApple製品購入で1年間無料のオプションが提供されてきました。
 
つまり今年11月から、1年間の無料トライアルが終了するユーザーが徐々に増えていくことを意味し、この層をどこまで有料サブスクリプションに取り込めるかが、Apple TV+の今後を占う指標のひとつとなるでしょう。
 
エミー賞の結果は、現地時間2020年9月20日(日本時間2020年9月21日)の授賞式で発表される予定です。

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる