トップページ > AirPods > この秋、AirPodsも進化!デバイス自動切り替え、サラウンド機能も
2020年6月23日 04時00分

読了まで 158

この秋、AirPodsも進化!デバイス自動切り替え、サラウンド機能も

Apple WWDC 2020 AirPods
 
Appleは、iOS14/iPadOS14の発表と同時に、AirPodsの新機能を発表しました。複数のデバイス間で自動切り替えが可能になり、AirPods Proでは自然でリアルなサラウンド再生が可能です。

デバイス間の自動切り替え

Appleは、現地時間6月22日に開催した世界開発者会議(WWDC 2020)で、iOS14とiPadOS14とあわせて、完全ワイヤレスイヤホンAirPodsの機能強化を発表しました。
 
AirPodsの強みや、iPhone、Mac、Apple Watchとのスムーズな接続ですが、iOS14をはじめとする次世代OSでは、AirPodsと接続する複数デバイス間の切り替え操作が不要になります
 
AirPodsを装着したまま、iPhoneで音楽を聴き、iPadで動画を視聴し、Macでビデオ会議に出る、という一連の動作に対応して、AirPodsが自動で接続先を切り替えます。
 
Apple WWDC 2020 AirPods
 
この機能は、AirPods(第2世代)、AirPods Proに加えて、BeatsブランドのPowerbeats、Powerbeats Pro、Beats Solo Proで利用可能です。利用にはiCloudアカウントが必要です。

音に囲まれる感覚を自然に再現する「空間オーディオ」

AirPods Proでは、「空間オーディオ」として、前後左右から音が聴こえてくるように感じられるようになります。
 
Apple WWDC 2020 AirPods
 
AirPods Proに内蔵された加速度センサーやジャイロセンサーで顔の向きや動きを認識し、頭が動いても自然に聴こえるよう、音声が自動補正されます。
 
Apple WWDC 2020 AirPods
 
「空間オーディオ」は、Dolby Atmos、Dolby 5.1、Dolby 7.1のオーディオソースで利用可能になります。
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる