トップページ > 最新情報 > Appleメガネ用? シャープがマイクロLEDディスプレイの量産を2023年に開始
2020年8月21日 00時10分

読了まで 23

Appleメガネ用? シャープがマイクロLEDディスプレイの量産を2023年に開始

Apple Glass EAP 07


 
シャープが、ウェアラブルデバイス用マイクロLEDディスプレイの量産を2023年に開始すると日刊工業新聞が報じています。このディスプレイは、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)対応ヘッドマウントディスプレイ(HMD)への搭載が想定されています。

2種類のマイクロLEDディスプレイを開発

SHARP MicroLED
 
日刊工業新聞が、シャープの子会社であるシャープ福山セミコンダクター(広島県福山市)が、0.38インチ(1,053ppi)のフルカラーマイクロLEDディスプレイと、0.13インチ(3,000ppi)の青色マイクロLEDディスプレイを開発したことを報じています。
 
シャープ福山セミコンダクターは、同社独自の色変換技術を導入したフルカラーディスプレイを、2023年から2024年に量産開始するようです。

JDIと京セラも開発中

台湾のLED情報専門メディアLEDinsideは、ジャパンディスプレイ(JDI)や京セラもウェアラブルデバイス用途に向けたマイクロLEDディスプレイを開発済みだと伝えています。
 
JDIと同様にシャープもAppleにディスプレイパネルを供給するサプライヤーの1社であることから、「これらの企業がマイクロLEDディスプレイの開発を進めていることは、将来のApple製品にマイクロLEDディスプレイを搭載しようとする計画と、何らかの関連があるのかもしれない」と、同メディアは予想しています。
 
LEDinsideによれば、Apple製品においてマイクロLEDディスプレイを搭載する最初の製品はApple Watchになる可能性が高いとのことです。
 
LEDチップメーカーであるEpistarの会長、リー・ビーン・ジェ(Lee Biing-jye)氏は、「マイクロLEDディスプレイの採用は3年〜4年後(2023年〜2024年)にスマートウォッチ市場から始まるだろう」と述べています。
 
 
Source:日刊工業新聞 via LEDinside
Photo:シャープ, EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる