トップページ > 最新情報 > ジャパンディスプレイ、Appleとシャープに主要工場を売却か
2019年12月28日 01時52分

読了まで 137

ジャパンディスプレイ、Appleとシャープに主要工場を売却か

JDI ジャパンディスプレイ ロゴ
 
経営再建が行われているジャパンディスプレイ(JDI)が、主要工場である石川県白山市にある白山工場を、Appleとシャープからなる連合へ売却することを検討している、と日本経済新聞が報じています。

売却額は800億〜900億円か

AppleのiPhoneがLCDパネルから有機EL(OLED)ディスプレイパネルへと移行するに従って、JDIの液晶パネルが販売不振となり、主要工場である白山工場で今年7月から生産が一時停止状態となっていました。
 
JDIは12月、投資顧問会社いちごアセットマネジメントグループの「いちごトラストから、最大900億円の支援を受ける方向で話し合いを進めていると正式に発表しましたが、主要工場の白山工場は、建設時にAppleから受け取った前受け金が重荷となっていました。
 
JDIは当初、白山工場の設備のみの売却をAppleとみられる企業と協議していましたが、結果的に土地や建物を含む工場全体を売却する方向に交渉が進んだようです。
 
白山工場の土地、建物、設備の売却額は800億〜900億円になると予測されており、JDIは今年度中に売却への合意を目指している模様です。
 
 
Source:日本経済新聞
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる