トップページ > 最新情報 > iPhone13はミニLED搭載の予想に、マイクロLEDの間違いとのリプライ相次ぐ
2020年6月3日 03時46分

読了まで 258

iPhone13はミニLED搭載の予想に、マイクロLEDの間違いとのリプライ相次ぐ

iPhone13 EAP
 
EverythingApplePro(@EveryApplePro)がYouTubeチャンネルで、Apple製品に関する最新のリーク情報を紹介しました。今回公開した動画の中で、「iPhone13ミニLEDディスプレイを搭載する」とのツイートを紹介しましたが、このツイート自体に、「ミニLEDではなくマイクロLEDの間違いでは」と、OLEDから変更されることを疑問視するリプライが複数寄せられています。

AirPods Studioの最新情報から紹介

AirPods Studio EAP1
 
マックス・ワインバック氏によれば、AirPods StudioはWWDCで発表される可能性が高いようです。ジョン・プロッサー氏も、同製品はWWDCで発表されると予想しています。

次世代AirPods

AirPods EAP1
 
「次世代AirPodsには環境光センサーが搭載され、心拍数モニタリングや血中酸素飽和度測定が可能になる」と噂されています。

iPhone13にはクアッドカメラ+LiDAR搭載か

iPhone13 quad camera
 
iPhone13のリアカメラは、クアッドカメラ+LiDARの可能性があるとFudge(@choco_bit)氏が伝えました。ジョン・プロッサー氏の予想では、iPhone12とiPhone13(12Sの可能性も)のカメラレイアウトは同じとのことです。
 
EverythingAppleProは、Fudge(@choco_bit)氏の示した、クアッドカメラ部から離れた本体にLiDARを搭載するレイアウトを、レンダリング画像で説明しています。

iPhone13 Proのディスプレイはダウングレードされるのか

EverythingAppleProは、新しいリーカーからの情報だとして、「iPhone13 ProミニLEDディスプレイを搭載する」とのツイートを紹介しています。
 
このツイートには、「OLEDからダウングレードするというのか。この情報は間違っている」、「マイクロLEDの間違いでは」など、疑問視するリプライが複数寄せられています。
 


ミニLEDバックライト搭載ディスプレイには、ローカルディミングによる黒領域の再現性向上、大画面ディスプレイでOLEDよりも安価に高画質を達成可能とのメリットもありますが、あくまでも液晶ディスプレイのバックライト改善であり、自発光式のOLEDから退化するとは考えにくいと感じ、コメントしているユーザーが多いようです。
 
このツイートでは、「2021年秋にはApple WatchもミニLEDを搭載する」との情報も伝えていますが、多くの海外メディアは「OLEDの次のディスプレイの主流はマイクロLEDディスプレイ」と予想しています。現在OLEDを採用しているApple Watchは、早ければSeries 7(2021年モデル)でマイクロLEDディスプレイを搭載する可能性を、LED関連メディアLEDinsideが報じています。
 
display ttech comparison
 
マイクロLEDとミニLEDの両方に「LED」の名称が含まれていますが、ミニLEDはあくまでも液晶ディスプレイのバックライト改善であるのに対し、マイクロLEDは自発光素子である極小LEDで「RGBの各画素を構成する」という点でOLEDに近いものです。
 
マイクロLEDディスプレイは、OLEDよりも明るく、応答速度はマイクロ秒レベルからナノ秒レベルに向上、長寿命で焼付きの心配もないディスプレイになると、LEDinsideやテック系メディアWhat Hi-Fi?が説明しています。
 
動画はこちらからご確認ください。
 

 
 
Source:Apple RUMORs (LEAKS)/Twitter via EverythingApplePro/YouTube, ,LEDinside, What Hi-Fi?
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる