トップページ > Mac > AppleシリコンMacを待つべきケースとIntel Macを検討すべきケースとは?
2020年8月3日 12時20分

読了まで 228

AppleシリコンMacを待つべきケースとIntel Macを検討すべきケースとは?

MacBook 2021
 
iPhoneHacksが、Appleシリコン搭載Macを待つべきケースとIntel Macを購入すべきケースを提案しています。数年で買い換える方で安定性を求める方はIntel Macを、すぐに購入する必要がなく、薄くてバッテリー持ちの良いMacBookが欲しい方はAppleシリコン搭載Macの発売を待つのがお勧めとのことです。

今後2年〜3年でAppleシリコンに移行する?

Macは今後、2年〜3年かけて搭載するプロセッサを、Intel製のものからAppleシリコン移行する見通しです。最初のモデルは2020年内に発表されるとも発表されています。
 
iPhoneHacksが、現行のIntelプロセッサ搭載のMacを買うか、Appleシリコンを待つべきか、ユーザーの状況にあわせた提案を記しています。

Intelプロセッサ搭載Macの購入を検討すべきケース

iPhoneHacksは、Intelプロセッサ搭載Macの購入を検討すべきケースとして下記をあげています。
 

  • 新型13インチMacBook Pro以外が検討機種である
  • macOSの最新版がサポートする期間が、5年以下でも問題ない
  • Bootcampを使用する必要がある
  • 動作の安定性を重視する
  • 今すぐに買い替えが必要
  •  
    初めてのAppleシリコン搭載Macは、新型13インチMacBook Proになると噂されています。macOSのIntelプロセッサ搭載Macのサポートは、今後5年間は続くだろうとiPhoneHacksは予想しています。
     
    Appleシリコン搭載Macは、Bootcampに対応しないと噂されています。

    Appleシリコン搭載Macを待つことを検討すべきケース

    パフォーマンスとバッテリー持続時間の両立を望むユーザーはAppleシリコン搭載Macの登場を待つのがお勧めだと、iPhoneHacksは記しています。
     

  • 薄くて軽いモデルが欲しい
  • 長いバッテリー駆動時間
  • 良好な性能と低発熱を両立
  • 人工知能(AI)におけるパフォーマンスを重視する
  • iOS/iPadOSのアプリを実行可能
  • ハードウェアとソフトウェアの融合
  • 高いセキュリティ
  • 現状は、2台目以降のMacとしてお勧めか?

    iPhoneHacksの推奨ケースにならえば、数年で買い替える方で安定性重視の方は現行のIntelプロセッサ搭載Macを、初期のモデルでは安定性に多少の危惧がありながらもパフォーマンスとバッテリー駆動時間を両立されたモデルが欲しい方は、Appleシリコン搭載Macを待つのがお勧めのようです。
     
    AppleはiOSやiPadOSで既にARMアーキテクチャに関して多くの知見を積み重ねていますが、それをmacOSにも導入する場合、初期段階での安定性については多少の危惧があるとiPhoneHacksは予想しています。
     
     
    Source:iPhoneHacks
    (FT729)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる